Darwin's Frog

イクメンが届ける、イクメンのための知恵袋。A resource for fatherhood in Japan




11 リアクション

「ひと」は体内に存在する「海」に守られている。”Human” is protected by an “ocean” that exists inside a body.

胎児を育み、守る母親の羊水は、実は成分的に「海」そのものだということをご存じでしたか?

私たち人間は「海」に育まれ、生まれてくる。そういっても過言ではありません。人間は受精後、約10ヶ月間を母親のお腹の中で過ごします。その間、胎児は羊水と呼ばれる水の中で、驚異的な速さで成長していきます。羊水は、胎児の成長に欠かせないものであり、クッションの役割を果たす大切なものです。

この羊水のミネラルバランスを調べてみると、「海水」に非常によく似ていることがわかります。チャートをご覧ください。つまり、胎児は生まれてくるまでの時間を、羊水という「海」の中で過ごしているのです。

どうして、そしてどうやって羊水が海水と同じような性質になったかは、全くわからないそうです。何れにしても一番体を作る、そして治すということに適した成分のバランスではあるようです。科学の進歩がどういう風にこの類似を生かすか今後楽しみです。

http://www.umisonoai.jp/whatsealove/insidesea/

Did you know that amniotic fluid, what allows the fetus to grow into a baby inside the mother, is almost the same in mineral breakdown as sea water? So much so that its not an overstatement to say that we humans are raised in an ocean, and born into an ocean.

After conception happens, a fetus/baby lives inside the mother for close to 10 months.  During that period, the baby shows tremendous and exponential growth.  Amniotic fluid serves as cushioning, and is very important to the baby’s existence. 

As you inspect the mineral breakdown of the amniotic fluid, it is almost identical to that of sea water.  Please see the charts. (Japanese only)

It is still not known why amniotic fluid is so similar to sea water.  In anycase, it can be said that perhaps the amniotic fluid provides the perfect mineral environment to where the body grows, or recovers.  I would really like to see where science takes this discovery.

http://sciencelinks.jp/j-east/article/200517/000020051705A0622971.php

  1. darwinsfrogの投稿です